漆器のこと。金沢散歩。      ときどきポタリング日記。


by ishida-urusi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お喰い初めセット

誕生から100日目に「生涯食べ物に不自由しないように」との願いをこめて、赤ちゃんにご飯を食べさせる真似事を、「お喰い初め」といいます。

立派なお膳の付いたセットもあるのですがプラスチックなので、シンプルではありますが木製のものをおすすめします。

正式なお祝いの食器は、男の子は朱塗りの膳。 女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器を用いるそうです。 最近は漆器のかわりにベビー用の食器で代用、ということも多いですし、細かいことは気にしないで、お喰い初めのあとも使えるような器を選ぶといいのでは?
c0124737_14115331.jpg

すべてのアイテムに名入れをすることもできます。
誕生から100日では儀式の記憶も残りません。 でも、そのあと何年も自分の
名前入りの器で食事を楽しめるので、プレゼントにも喜ばれると思います。
c0124737_1412963.jpg

赤ちゃんの目線だと、こんな感じに見えます。↓↓↓
c0124737_1412246.jpg

お盆の直径23・5cm
1セット10500円
お子さまの名入れは+3000円 (名入れは2週間ほどかかります)
c0124737_14123518.jpg

名入れに使ったハンコも同封します。
[PR]
by ishida-urusi | 2007-12-13 14:12 | 山中塗