漆器のこと。金沢散歩。      ときどきポタリング日記。


by ishida-urusi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:漆器の扱い方( 3 )

漆器の洗い方

輪島塗のコーヒーカップを使っているのですが、 内側の汚れが気になってきたので、 油と歯磨き粉を混ぜて手ぬぐいに付けて磨いてみました。(ここに載っています。)  
ガンコな茶渋が取れてすっきりしました。 でも手ぬぐいは漆が付いて赤茶色。 捨てても惜しくないような柔らかい布で磨くといいと思います。 


話はかわって、シネモンド(109)で話題の映画、「いのちの食べかた」が12/1から3週間、上映されます。  食べ物が食卓に並ぶまでの(屠殺を含め)ドキュメンタリーです。(ナレーションなしで、淡々としたものらしいです。)  食料自給率が低いわりには、世界で最も残飯を出している国の住人としては観ておかないと!
c0124737_17362981.jpg

原作本ではありませんが、この本↓↓↓も面白かったです。 映画を観る前に読んでおくと、もっと楽しめると思います。
c0124737_1738995.jpg

理論社の よりみちパン!セ シリーズの一冊です。 このシリーズは中学生向けですけど、大人が読んでも面白いですよ。 特に、みうらじゅん著「正しい保健体育」。 (真面目な人は読んだらダメです。)
[PR]
by ishida-urusi | 2007-11-20 16:25 | 漆器の扱い方

温度

「いつものうるし」という本を読んでいると、びっくりすることが書いてありました。
熱いものを入れてはいけない、と思い込み、漆の器を使いそびれている人が意外と多いらしい。とあります。
・・・・・。わたし、クノールカップスープの粉末を汁椀に入れて、熱湯をそそいだりしてしまいます。(これは真似しないでください。) 70~80度なら大丈夫なので、グツグツ沸騰したもの以外はOKです。

↓ 昨日は蒔絵の写真だったので、今日は沈金彫りのお箸を。
c0124737_13392217.jpg

一膳 1050円  春秋(しゅんじゅう)沈金。 桜と紅葉の模様を春秋といいます。
[PR]
by ishida-urusi | 2007-06-01 14:15 | 漆器の扱い方
「漆器は扱いがむずかしそう」「もったいなくて使えない」とよく言われます。
しまい込んで使わないほうがよっぽどもったいないと思うのですけど。

漆器も陶器と同じように、柔らかいスポンジで洗って自然乾燥するだけです。
拭くときは、何度か洗って柔らかくなったガーゼや手ぬぐいを使うのが良いと思います。

電子レンジ、食器洗い乾燥機はお使いになれません。それだけ気をつければ
長持ちするはずです。

10年もすれば食洗機の普及率も90%くらいになるのでしょうか?
わが家はいまだに手洗いですけど、欲しいです、食洗機。
手洗いが基本の漆器はますます肩身がせまくなりそうですね。

↓サントリー伊右衛門のおまけの手ぬぐい。
こういう手ぬぐいだと食器の後片付けも楽しくなりますね。
c0124737_1739247.jpg

[PR]
by ishida-urusi | 2007-05-20 18:14 | 漆器の扱い方