漆器のこと。金沢散歩。      ときどきポタリング日記。


by ishida-urusi
カレンダー

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お椀の内側の色

ヴィトンの小箱で有名な輪島キリモト(桐本木工所)のうつわを使った料理本がありました。
「味噌汁自慢~毎日違う、お椀の中身」です。
c0124737_13493046.jpg

全体が朱色のもの、黒塗り(内側は朱)、白木、など色々な器に盛り付けられています。
黒塗りもシックでいいのですが、内側が朱色のものは特に美味しそうに見えます。
漆器を買う予定のある方におすすめの本でした。 自分好みの器が分かって、購入の際、参考になりそう。

栃の木のお椀 ↓
内側が朱、ベージュの二種類あります。
味噌汁でもデザートでも。
c0124737_13302022.jpg

直径10.5cm  高さ7cm  一個3570円  山中塗 デザートカップ

この本の出版社、マーブルトロンのHPを見ていると、非モテまっしぐらな気になる本が。
c0124737_14141044.jpg

女子鉄。 
ノスタルジックな旅が流行っているのでしょうか?  福井県のえちぜん鉄道は、サイクルトレインも実施しているので、金沢からの小旅行にぴったりだと思います。
えちぜん鉄道のアテンダントの奮闘記「ローカル線ガールズ」という本も。
はじめて乗った時は、やたらと親切なアテンダントさんに驚きました。
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-30 14:06 | 山中塗

おつまみ用の小皿

「カクテル アラモード 」
専門道具もリキュールも使わずに、スピリッツと季節の果物をミキサーで混ぜるだけで作れる、お菓子みたいなカクテルの本、ということなので読んでみました。
c0124737_1324146.jpg

表紙のカクテルは、すいかのソルティドッグ。
すいか、砂糖、ウォッカを混ぜるだけ。 おいしそう。

カクテルに合う器は漆器にはなさそうなので、おつまみ用の小皿を。
本当はおしぼり入れなんですが、2、3種類のおつまみを盛り付けるのにも
ちょうどいいサイズです。
チーズをピーラーで削ったものや、 きゅうり+マスカルポーネチーズ+生ハムなどなど。
c0124737_133182.jpg

c0124737_1333888.jpg

材質は竹。 輪島塗です。
1枚 3150円
18cm×7.5cm

作ってみたのは、いちごミルク。 ・・・想像したとおりの味です。
練乳+ウォッカを混ぜたところにストロベリーアイスを投入しても同じ味になりそう・・・、と早速、手抜きを考案中。

アイスクリームなら、塗りものの器も意外と合います。 傷が付かないように木のスプーンを使うことをおすすめします。 
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-27 13:11 | 輪島塗

塗り分けスプーン

ルネス金沢の近くの「茶房Dining 和びさび」へ行ってきました(ランチ)。

デザートスプーンは、これと同じでした。  スプーンの上に生クリームとチョコがのせてあって(ひと口デザート)、 黒ゴマプリンに添えられていました。 
食後にコーヒーを頼んだら洋風デザート、日本茶なら和風デザートがでてきます。 アイスの入った最中も美味しかったですよ。
c0124737_1281984.jpg

c0124737_1283838.jpg

九谷焼(たぶん)の器とも合います。

1本157円 朱塗、黒塗の2種類があります。
12cm
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-25 12:11 | その他

鈴木写真スタジオ

早速、行ってきました、ロケ地に。
感じのよい格子造りの町並み(石畳の小道)を眺めながら少し歩くと、鈴木写真スタジオが。 
c0124737_11241521.jpg

ちょっと泣ける映画が好きな人は、急いでレンタルして観てから、遊びに行ってはどうでしょう。 (あと一週間で閉館なので)

スタッフのかたは親切で、撮影に使われたバイク(Vespa)に乗った写真まで撮ってくれました。(恥)
c0124737_11243911.jpg

c0124737_11245864.jpg


「ローカル電車でまわる 春の1dayトリップ(nid 7号より)」といった感じで、一日楽しめました。 旅程を消化するのに必死にならなくてもいいので、近場だと気がラクですし。
c0124737_1152073.jpg

付けたしっぽいですが、  はじめての漆器の買い方や、山中塗のことなども載っていました。 
安すぎる木製の器は木地が吟味されていないので、購入の際、注意!ということです。

春から一人暮らしをはじめる方は、無〇良品とかで、器を一式購入したりするよりも、いろんなお店で気に入ったものを少しずつ時間をかけて集めていくほうが、失敗がなくておすすめです。
旅行先などで、こつこつ買い集めたほうが、愛着がもてる気がします。 
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-23 11:26 | 金沢情報

ダブル坂

当店から歩いて10分くらいの所に、石伐坂(ダブル坂)があります。

8月のクリスマス」という映画は、 このダブル坂でも撮影が行なわれています。 山崎まさよしファンの方は、金沢旅行の際、ここを散策コースに組み込んでみては?

富山県高岡市に、舞台となる写真館のセットがあります。 もう閉鎖されているかと思いきや、 調べてみるとまだ残っていました! 
ところが、あと10日で閉館です。 これは行かねば! (地図はココに)

c0124737_15221426.jpg

映画そのものは面白いか?といわれると・・・ちょっと。
つっこみどころが多すぎるのです。
「主人公の商売道具である写真機を、乱暴に触るヒロイン」とか。
「そこで腰に手を回すのは若干早すぎ、ヤマザキくん」とか。
「そのデートコースには無理がある」とか。(高岡→魚津市の遊園地→ダブル坂→高岡。 病人なのに元気な主人公)
「そこで店のガラスを割る意味あるの?」とか。いろいろ。

金沢から近いことですし、春休みを利用して、散歩がてら行ってみてはいかがでしょう?
c0124737_15223727.jpg

[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-20 15:18 | 金沢情報

アートとクラフト

リンカラン4月号に金沢情報が載っていました。
辻 和美さん(ガラス作家)が、ご自身のお店やコラボンのことなどを紹介しています。

辻さんが海外で勉強して気付いたことは、海外では、職人がこつこつ作り出した「クラフト」よりも、いわゆる「アート」作品が評価される、ということ。

日本では、 こつこつ系のクラフトも、生活に息づいている、と。
それはもしかして、贈り物の内祝(半返し)の風習のおかげだったりして?
ぬりもの、やきものを頂くことも多いと思います。
100均とかミスドのお皿しか使っていないという人の方が珍しいかもしれません。
c0124737_173557100.jpg

輪島塗、山中塗の器も、職人がこつこつ作るクラフト。
c0124737_17381548.jpg

山中塗 セットで10500円 木製です。
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-18 17:42 | 山中塗

そろそろ自転車

暖かくなってきたからか、自転車特集のある雑誌が増えてきました。 
今月の「ミセス」は、「自転車日和」という特集で、詩人のアーサー・ビナードさんのことも紹介されていました。  「左右の安全」は、東京の街を自転車で走り回る詩、ということなので、読んでみようと思います。(詩は苦手なんですけど)


先日、森本駅近くのリストランテ キタへ行ってきたのですが、 片町から自転車で行けない距離でもなさそうなので、 また行ってみようかな・・・。
小ぢんまりとした感じの良いお店でした。 1000円未満のランチと、前菜、デザート付きの1500円くらいのランチがありました。

目的がないと走る気にならないので、 おいしい料理を目的に走ることにします。
c0124737_15333891.jpg

tullycraftの1stアルバム 自転車ジャケがかわいいです。
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-16 16:28 | 自転車

片口 (梅)

ようやく、「ハチミツとクローバー」全10巻を読み終わりました。 大人気マンガと漆器なんて何の関係もないと思われそうですが、 一瞬だけ漆の片口が登場してました。 

主人公が、欲しそうにじーっと見ている片口はきっとこんな朱色のものにちがいない!ということで、 梅の蒔絵の片口をUPしました。
c0124737_12384684.jpg

spoon. 2005年4月号 まで引っぱり出してきて熟読。。。はまりすぎ。
ママチャリで突発的に自分探しの旅に出るエピソードもあったりして、自転車好きの人も楽しめます。 (さすがに、途中でスポーツ自転車に乗り換えますが。)

今日は、自転車屋さんがこのブログにたどり着いて、ご来店。 ありがとうございました!
c0124737_12402393.jpg

c0124737_12403786.jpg

高さ8.5cm  直径13cm(注ぎ口を含めると 約18cm)
11550円 山中塗り 木製です
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-14 13:17 | 自転車

うるし切り子

c0124737_1130484.jpg

NHK「美の壺」の本、「切子」で紹介されている、宝石みたいにキラキラしている江戸切子のお重などを見ると、 うるし切子のお箸をご紹介するのは気がひけてしまいます。

でも、見た目は地味ですが、カットされている部分のおかげで滑りにくくて使いやすいのです。
携帯箸をお探しのお客様が、いろいろ見て触って、このお箸がいちばん!と仰っていました。


ところで、ブログでご紹介した手鏡(ホワイトデー用)のご注文をいただきました。 HPをご覧になって金沢駅百番街の売店へ来られたお客様も。 どうもありがとうございました!
ブログを始めて半年以上。 あんまり商売っ気を出さずに、好きなものをご紹介していければ、と思います。
c0124737_113166.jpg

c0124737_11311923.jpg

21.5cm  1260円
黒(23cm)もあります
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-11 11:42 |

しおり

本を読むのが楽しくなりそうな、いちょうの形のしおりです。
c0124737_1734452.jpg

一枚 500円
c0124737_17341718.jpg

そういう私は、手近な所にある新聞紙の切れっ端をしおりにしています。
不都合はないのですが、ちょっと貧乏くさいかも?

こういう栞なら、うっかり紛失ということもないかもしれません。
c0124737_17344039.jpg

この本は、「読書の情景」をテーマにしたイラスト+挿文(挿絵ではなく。あくまで絵がメイン)です。 お気に入り。 
[PR]
by ishida-urusi | 2008-03-08 17:32 | その他